卒論ってそんなに大事?! 自己紹介!

ブログはじめました。

ついったー、ふぇいすぶっくやってますが、なんか匿名でできるものやりたいなー

と思い立ちブログはじめました☆

暇つぶしに表では言えないことなど呟いていきたいと思います。

ちなみに都内の女子大に通う大学4年生です。

就活も終わり、卒論も選択していないので今めちゃめちゃ暇です。

よく他の大学の友人に

「え?卒論しないとか卒業する気あんの?」

「卒論やんないとか大学生じゃない!」

とか言われますけど、卒論ってそんな意味あります?????

選択制で必修じゃなんだったら取らなくて良いじゃん。

自ら自分を苦しめたくないので卒論は選択しませんでした。

わたしのクラスもだいたい半分くらいは卒論選択していないです。

知恵袋でもこんな質問がありました。

大学で卒業論文が必修でない場合に、卒論を選択しないのは、大学生活を半分捨てたようなものでしょうか?

ベストアンサーは

大学の教員が学生の卒論に研究結果以外で求めているものは2つ。一つは良い経験。一つは苦難を乗り越えるチカラ。
論文を書くなんて、なかなか経験できるものではないでしょう(一部職業を除く)。
私の恩師は毎年卒業していく学生達に言っていました。
「社会にでて、壁にぶつかった時、あの苦しい卒業研究をこなしてきたんだから、なんとかなる!と自信を持ってください」
学部卒で就職した私の友人達の中にも、卒論の苦労を考えれば何とかなることが多いと言っているヤツが数名います。
~長いので途中で切ります。

社会に出て壁にぶつかったとき大学のことなんて思い出しますか?まだ社会に出ていないからわからないのかもしれませんが。

わたしも中学・高校とテニス部でけっこうハードな練習のときよく教師が

「いつかこの経験が~」的なことを言っていましたが、

大学に入ってからもつらいことがあってもまったく思い出しませんでした。

つらいときに昔のことを思い出して頑張ろうと思えるなんてまだぜんぜん余裕がありそう。

こんな感じでちょっとひねくれてますがブログ適当に更新していきたいと思います☆